コラム バックナンバー

結婚式のクライマックスに行う両親贈呈で、今や外せないウェイトドール。生まれたときの喜びや、今までの感謝を伝えるアイテムとして大人気ですが、最近では出産祝いとしても人気が高いんです♪

出産後、田舎のおじいちゃんおばあちゃん達が孫の顔を見られないので
ウェイトドールを贈って抱っこしてもらう、なんて素敵な贈り方をされる方も。久々の里帰りでこんなに大きくなったのか、と成長を感じられる贈り物なんです。

友人から出産したお母さんへ出産祝いを贈る際など、
1人目なら親族の方や本人達で揃えている事も。
2人目なら既に必要な出産用品はすでに揃っているし、
と悩むと一生の記念になるウェイトドールを贈る方が増えているんです。

ちなみに、出産祝いの平均金額っていくらぐらいかご存知ですか?
相場は1人当たり5,000円~10,000円前後。
あまり安すぎても高すぎてもお祝いなので難しい所ですね。

私たち、結婚します!…さて、何から準備すればいいのかしら(-ω-`)

よく分からないから招待状は式場でお願いしちゃった~!
なんてもったいないお話をよく耳にします。
間違いなく自分で作る倍くらい、お金がかかってますよ。

送付先の住所とか、式場さんに提出する準備も結構大変で
その上選べるデザインだって決まってるなんてY(>ω<、)Y ヒェェーーッ!

結婚式の準備の中には自分達で準備しても、そんなに労力はかわらない事もあるんです。出来る所はおまかせするより、自分達でやった方が達成感も湧くという物です。

招待状作成のタイミングは、目安として結婚式の約3ヶ月前。

となれば、自分好みの招待状を探して、サンプルをもらったりなど案外時間が必要になるのでイメージは1シーズン前から下見を開始!!

準備も後半になれば慣れてはきますが、初めてのことばかりでなかなか思ったように進められない…(´;ω;`)ウゥゥ

でも頑張って、招待状の送付はどんなに遅くとも挙式の2ヶ月前までに行いましょう。来週結婚しまーす!なんて、招待状頂いたら、皆さんビックリしちゃいますよ。

テンプレートを使った編集で、招待状の製作は案外簡単にできるので、
切手の準備や、どなたを招待したか出欠確認用のリストの作成などもしっかり行いましょう!先輩花嫁に色々聞いて、目指すは理想のバージンロード☆

業界では忘れ物品、
なんて言葉もあるくらい準備が後手になりやすいのが『プチギフト』

ゲストを迎えて、結婚式を挙げるとこまでは必要なアイテムもイメージしやすいですがお見送りするシーンの事までは…
(・∀・i)タラー…ナニ?プチギフト??

祝福に駆けつけていただいたゲストをお見送りの際に新郎新婦から手渡しで、感謝とお礼の言葉に添えて贈るのがプチギフト( っ・ω・)っドゾォ
送迎ギフトとも呼ばれ、海外では古くから結婚の際にドラジェを贈る習慣も。

日本人ならではの、幸せのお裾分け的な意味合いもあるので縁起の良い験を担いだ商品も多く見受けられます。

みんなの声を聞いてみると、疲れた帰り道にすぐ食べられる甘い物がやはり人気のようです。人によっては食品の手作りに少し抵抗を感じる、なんてご意見もΣ(Д゚;/)/…!?

あまり手の込んだ物だともったいなくて使えない、なんて声もあるので
引出物とは違ってあくまでも感謝の気持ちを伝えるついでに、くらいでいいかも知れませんね。一番大切なのは相手を思いやる気持ちです!演出にこだわりすぎて大事なことを忘れないように♪

余裕を持ってお式に臨めるよう、プチギフトも早めの準備を心がけましょう

結婚式、一緒に一度の晴れ舞台だからこそ
アレもコレもとやりたい演出はあるけれど…
やっぱりお金がかかるんです。(゚Д゚;)イヤーァ

お色直しを我慢?Σ(||゚Д゚)ヤダー
お料理のランクを友人の陰口覚悟で落とす?Σ(=ω= ;)ムリムリ
新婚旅行を国内で??。・゚・(つД`)・゚・。ションボリ

いやいや、その前に削れるところがきっとあるはず!
1箇所で使う物より、全員にご用意が必要な物ほど見直せばコストを抑えて
その分を自分たちの望む演出に予算が回せるのでは?

そんな訳で試しに計算してみましょう。
某式場様で席次表を印刷込みでお願いした場合1人平均1200~1500円。
仮に1500円でゲストが60名の場合は約90000円!
これが招待状なら筆耕代なども別途なので席札やメニュー表などペーパーアイテムの予算を併せると随分な金額になるんです。

しかーーーし!(っ´∀`)っ
自分で好きな手作りキットを用意して、パソコンで名前の箇所を変更して
家庭用のプリンターで印刷…楽々簡単あら素敵♪
これだと席次表の場合、インク代を考えても1人300円程度。
と、言うことは!!60名のゲストでも約18000円と約70000円もの節約が出来ました☆

人気のディズニーシリーズや、王道デザインなど手作りなら自分好みでデザインが選べるのも魅力の一つですね♪

季節はジューンブライド、6月の花嫁は幸せになれるという言い伝えから、
人気のブライダルシーズンの1つでもあります。
今回はそんな夏場の結婚にまつわるお話し。

式場選びを済ませた方ならご存知でしょうが人気の式場でも
夏場の予約なら比較的取りやすかったのではないでしょうか。

これは秋口がもっとも結婚式を挙げられるカップルが多く、
暑い夏を避ける傾向があるからなんです。では、なぜ夏婚が少ないのか?
それは単純に暑いから!(´∇`;)せっかくのメイクが…
ではなく日本の天候や風習による所が大きいのです。

日本の夏と言えば・・・6月からの雨期に始まり7月からは台風と
天候的に安定しないことが多くゲストへの負担を考慮すると躊躇う方が多く、また8月の大型連休は先祖を弔うお盆と重なる為にゲストの招待がなかなか思うようにいかないこともあるようです。

ジューンブライドは海外では気候が安定しているためにこの時期の結婚式が
向いているとの理由で、日本では気候が安定しやすく連休の多い秋口が一番人気なんですね。
実はジューンブライドは日本で不人気だった夏のシーズンをなんとかしようと式場の方がバレンタイン同様仕掛けたイベントだ、なんてお話しもあるんです。

でも、もちろんメリットだってあるんです。
夏婚のメリットは式場の交渉のしやすや、リーズナブルなプランが多い事!
ルナ・ルーチェでもお得なチョイスギフトキャンペーンを行っています!
冬に大反響だったディズニー寄せ書きハンドが今ならもらえちゃうんです♪

ワンポイントアドバイス(`・ω・´)bチューモーク!
プチギフトなどは急なゲストの増加や、まさかの3次・4次会にも対応出来るよう、お買い物の際は少し多めに予備分を買っておくことをオススメします。
夏場はひまわりのデザイン、ボディーシートや石鹸、扇子など実用的なアイテムが特に人気ですヾ(’・’*)ノ゛

近年、結婚式自体の意味合いが少しずつ変わってきているように感じます。
挙式本来の意味合いは契りを交わし、神前式にしてもチャペル式にしても夫婦共に歩んで参りますと神様に誓う場なのです。

近年では大切な方々ににこれからの幸せを誓う場として人前式を選ぶ方がたいへん多く、夫婦となる慶びを今まで出会った人々に感謝し、誓う場としてのニーズが高まっているようです。

家族や友人、お世話になった方や仲間を大切にしたい、幸せを共有したいと考える人が増えているのが結婚式のスタイルからも伝わります。

気候も安定して、結婚式を挙げるのに一番人気のこれからの季節。
友人の結婚ラッシュでゲストも毎週のように参列、なんてお話はとくに30歳前後の方からはよく聞くお話しです。

そうなると正直またこれか、とゲストの方も同じような演出は見慣れてきてしまいます。
初めて挙げる結婚式なのにマンネリしちゃいけないって…(^^;)
なんだかよく分かりませんね。
でもせっかく来て頂くからにはやっぱり楽しんで欲しいですよね!

そこで大事になってくるのがゲストの事を考えた二人らしさ、をキーワードにした演出。
招待状を送るところから始まり、衣装やウェルカムボード、食事に余興。
引出物を贈り分けしたり、お見送りで手渡しするプチギフトにまでこだわって作り上げればきっと今日のお式はステキだったね!って思ってもらえるはず。

二人だけよりみんなと一緒に幸せに、それってとっても素敵な考え方ですよね。
形にこだわるよりも気持ちをどう伝えるか。

最近よく聞くのが入籍してすぐには挙式を挙げられない場合でも5年、10年などの節目のタイミングで挙式を挙げて、ゲストにこれまで支えていただいた事への感謝と、今までと変わらぬ愛を誓う場として挙式を挙げられるケース。お子様にリングボーイやフラワーガールをしてもらって一緒に参加出来る慶びもあります。

挙式は親族だけで、レストランなどを借りて親しい友人と会費制でお披露目会だけを行う方もいらっしゃいます。

地元の伝統に沿った100~200人規模の挙式もきっと胸が躍ります。ハウスウェディングや二人の思い出の場所でと、山頂や田んぼで挙式をする事も。想いを伝える結婚式には様々な形があっていいと思います、一番大切なのはきっと参列してくれるゲストや家族への愛ですから。

5月の第2日曜は母の日。
さて、今年は何を贈ろうかなと毎年考えるのですが、
もらう側のお母さん達に何が欲しいか聞いて分かった事。

一番喜ばれるもの、それは“感謝の言葉”。

我が子の幸せを願うのが母の想い、という事で心のこもった言葉を
一年に一度でも伝えて貰えるととっても幸せ♪とのご意見が。
心では毎日思っていても、形にしないと伝わりませんよ~!
直接言うのはやっぱり照れくさい、そんな時には何かに添えて
手紙と一緒に贈るがいいですね。

では、逆に何がもらったら困るの?こんな質問をしたらちょっと意外な答えが。
母の日と言えば定番のカーネーションですが…

生花の切り花はすぐに枯れるしもらっても案外困るらしい、です。これには驚き。
お花を選びたいなら日持ちのするものをオススメします。
プリザーブドなどが主流となり現在では様々なお色のカーネーションがありますが、白いカーネーションだけは良い意味を持ちませんので極力避けましょう。

最近では母の日父の日を合同で行うという意見も。
夫婦ペアの商品なら確かに1人ずつ何かを贈るより、一度で考えられて忘れられがちなお父さんにも贈れていいかも♪との意見。
旅行券なども二人分で贈ればそれなりの金額になって実用性が高いようです。

近年の売れ筋ではお花とスイーツを一緒に贈るのが定番ですが、兄弟がいる人は同じような物を贈ってしまわないように、事前に確認しておくとベスト。
共同でいつもと少し違うはオーダーメイドで心のこもった商品を贈ってみるのもいいですよね。
当たり前のようですが、家族の仲が良ければお母さんも嬉しいんですよ!

ルナ・ルーチェをご利用の方の多くはご結婚を機にお母さんが二人になるので
お嫁さんとして新しいお母さんとの距離を縮める良い機会ですよ。
好みが分からないときは、旦那さんとも相談する事でお互いの家族を知っていきましょう。
お母さん達が一番欲しいのは、“ありがとう”の想いです。

2/14と言えば毎年恒例となったバレンタインデー。

男性にとってはソワソワする1日でしょうが、女性にとっては
楽しくもあり大変な季節でもありますね。
女性から男性へ愛を告げる事がまだまだ多くはなかった時代の一大イベントが、
今では形を少しずつ変え、LoveからLikeになったように感じます。

そもそもバレンタインデーは英語では「Saint Valentine’s Day」
=聖バレンタインの日。
戦争に出たがらない若者たちが多くいたため、結婚を禁止してしまった西暦
3世紀のローマ。時の皇帝クラウディウス二世に隠れ、慈悲の心で兵士達を結婚させていた
キリスト教司祭が守護聖人バレンティヌス。
彼が自分の命を犠牲にしてまで神の愛を伝え、最後に『あなたのバレンティヌスより』
と綴った手紙を残したことが事の始まりなんです。

チョコレートを贈るのは日本ならではの習慣で、1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりと言われています。今ではすっかりチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになりました。

アメリカでは、クリスマス・カードの次に多く交換されているのがバレンタイン・カード。
欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。
クリスマスもそうですが、キリスト教になじみの薄い日本では本来の意味が忘れられて、独自の進化を遂げていきます。
一つのお祭りとして楽しむように、クリスマス、ハロウィンなどと共に日本オリジナルのカルチャーとして発展してきたんです。

そんなバレンタインの思い出と言えば、徹夜で手作りチョコを作ったのに失敗しちゃったり、学生の時には顔を耳まで真っ赤にしながらこっそり下駄箱に入れたり、友達に頼んで本命チョコ渡したなぁ~、なんて人も多いのではないでしょうか。

大人になってからは近しい仲だからこそ日頃の感謝の気持ちを伝えるには何かきっかけが必要だったりするもので、そんな時に義理チョコや性別問わず友人同士で贈りあう友チョコもすっかり定着。
大切な家族と分かち合うファミチョコ、中には男性から女性へ贈る逆(さか)チョコまで。美味しいチョコレートがたくさん売っているので日頃頑張っているご褒美に自分チョコを買う人も少なくありませんよね。

ではここで、チョコレートを主に貰う男性側の意見を調べてみると

ルナ・ルーチェではお手軽なプチプライスのチョコレートから、甘い物が苦手な方のためにチョコに代わる面白アイテム、もちろんしっかり贈りたい人の為にBOX仕様のチョコギフトまで幅広くご用意しています。
ブライダルギフト専門店の厳しい目で厳選した、バレンタインデーで使えるプチギフト特集をチェックしてくださいね。

お祝いや贈り物を頂いて、感謝の気持ちを込めてしっかりとお礼のお品を
贈るのは日本ならではの文化のようです。
海外ではプレゼントを別のプレゼントで返されたらお祝いの気持ちまでな
かった事になってしまう、と考える事もあるようです。もちろん、ありがとう!
という気持ちは海外の方も変わらないのですが、主役は主役らしく!という
スタイルです。
何かギフトを頂いたら、次に贈った方をお祝いする機会が来たときにギフト
を贈ればOK!という風で、お祝いを頂いた時には写真つきのサンキューカ
ードを
送ったり、少額のギフトカードやクッキー程度のプチギフトが主流のようです。
また、結婚祝いや出産祝いなどでは“レジストリー”という欲しい物をおねだり出来る
システムまである合理的な海外の文化。カルチャーショックを受ける内容ですね。
結婚式に参列して、引出物がない?!海外ではこれが当たり前でも、
日本でこんな事をしたらご両親は恥ずかしくて仕方がありませんし、友人や周りの見る目が変わるでしょう。

お返しが目当てではないですが、日本人はお祝いをする際に相手からのお返しを自分をどう思ってくれているのか推し量る材料として考えているのではないでしょうか。
だから金額よりも贈ってくれた人のことを考えた、心のこもったギフトをお返しで貰えた時に自分の事を考えてくれた事が何より嬉しくて、お互いを思い合える存在でいられる事に慶びを感じるのです。
物を通して昔から伝えあってきた、言葉ではない気持ちの伝え方、それがギフトではないでしょうか。

お祝いを頂いたけど、こんな時はどうしたらいいのかな?
時と場合によって感謝やお祝いの表現も変わってきます。
代表的な例をまとめてみましたので参考にしてください。もしも困ったら当店スタッフにお気軽にご相談ください、オススメアイテムやこだわりオーダーメイドにも対応させていただきますよ♪

お中元・お歳暮、父の日・母の日、お誕生日、
お子様の成長のお祝い(初節句、七五三や入園・入学祝)などの際には、
お礼の手紙やお電話で感謝の思いを伝えましょう。
原則、お返しは不要ですがお子様の成長の記録や、家族の新しい思い出に写真入りのカードなどを贈ると喜ばれるかもしれません。
その他のお祝いには、形式に沿った形でのお返しが必要となります。
失礼のないよう早めに選ぶことを心がけましょう。また、郵送する場合は、必ずお礼と品物を送ったということを、事前に手紙やメールなどで伝えることを忘れずに。
結婚祝いをいただいた場合には、
「披露宴」に招き、「引出物」を渡すことがお返しとなります。
もしお招きできなかった方、当日ご参加いただけない方からお祝いを頂いた場合にはお返しが必要です。遅くとも結婚式の1か月後くらいまでには贈るようにしましょう。早ければ早いほど吉、と考えて下さい。
可能であれば挙式当日にご自宅へ郵送させていただく、などの心遣いが望ましいです。
のしは白赤または金銀の結び切りで表書きは「内祝」とします。下段に本人たち2人の名を書きます。 費用の目安は引き出物と同じく、頂いた金額の半分〜1/3程度を目安に選びましょう。
カタログギフトをお選び頂く方が多く、ルナ・ルーチェでは写真タイプの表紙をお選び頂けるシリーズもご用意させていただいています。また、お礼のサンクスカードもご希望でお好みの文言に変更可能ですのでご相談下さい♪
結婚式披露宴に祝電を頂いた場合は、祝電のお返しは必要ありません
結婚式披露宴に祝電を頂いた場合には、祝電のお返しは必要ありませんが、結婚の報告とご挨拶を兼ねてお礼状は必ず出しましょう。結婚報告のハガキを作る際にこちらもリストに入れておくと良いかもしれませんね。
出産祝いを頂いた場合には、できれば生後1ヵ月頃迄にはお返しをします。
のしの水引きは紅白の蝶結びで表書きは「内祝」「出産内祝」とします。
下段に赤ちゃんの名前を書き入れます。近年のお名前は特に読み方が難しい場合がありますので、読み方が難しい場合には必ず読み仮名をつけましょう。
費用の目安は、頂いた金額の半分〜1/3程度を目安にします。赤飯や鰹節などの縁起の良いものや、海苔、石鹸、タオル など実用品が一般的です。ルナ・ルーチェではおじいちゃん、おばあちゃんのためにウェイトドールを贈られる方がとっても多いのが特徴です。
長寿祝いを頂いたお返しとして、記念の品を”内祝”として配る事があります。
家族からもらう長寿のお祝いに対してはお返しはしなくても構いませんが、還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿など、節目となる長寿祝いの場合には、記念の品を内祝いとして配ることがあります。内祝いを贈る時期としては、当日もしくは、その後なるべく早く行います。白赤の蝶結びの水引きで表書は「内祝」または「寿」、そのほかに、例えば還暦祝いのお返しなら「還暦内祝」のように「○○内祝」といった書き方をした方がお祝い事の内容が伝わり良いでしょう。おめでたい事なので幸せのお裾分けとして、ご近所の方などにも日ごろの感謝を込めてプチギフトなどをお配りすると喜ばれ、交流の良いきっかけとなります。